ジャパンラグビー トップリーグは、現下の新型コロナウイルス感染拡大に伴いジャパンラグビー トップリーグ2021の開幕延期を1月14日にお知らせしました。全選手(陽性者、濃厚接触者に関わらず)が、万全の準備をもってシーズンを迎えることが重要と考え、一定の調整期間を設け、第1節~第4節の開催を中止することを決定しました。
昨年の2020年2月15日 (土)14:00 パナソニック ワイルドナイツvs東芝ブレイブルーパス以降熊谷ではトップリーグの試合は行われませんでした。今年は新年早々の試合で期待をしていましたので残念で仕方ありません。中止ではなく試合は延期で開催される予定ですので、それまで新型コロナウイルス感染症の収束を期待をしながら一日でも早く開催ができる事を願いたいと存じます。